法律相談の際にいただく費用です。



  事件の依頼を受けた際にいただく費用です。事件処理の成功、不成功を問わずお返しできません。



  事件が一定の成果を納めて解決した場合に、依頼者の受けた経済的利益に応じて支払っていただく費用です。着手金とは別に必要です。



  継続的に相談を受けるために顧問契約を結んでお支払いいただく費用です。
(顧問契約についての詳細は「顧問契約のご案内」をご覧下さい。)



  内容証明郵便、契約書、遺言書などの作成のように、原則として1回程度で終了する、成功不成功のない事件の費用です。



  書面による法律上の判断又は意見の表明の対価としていただく費用です。



  事件処理のため、弁護士が遠方の裁判所などに出張しなければならない場合などの費用です。



  以上の弁護士費用(報酬)とは別に、事務処理に必要な実費が必要となります。
例えば、裁判等の申立をする際に必要な印紙代、切手代、コピー代、鑑定費用等です。受任時に概算額をいただき、事件途中で足りなくなれば追加して頂く必要があります。事件終了後に精算いたします。